2009年06月29日

明治30年夏場所2日目 (東京朝日新聞/明治30.5.16)


○回向院大相撲
・昨十五日(二日目)は朝から好天気の上に二三連中の総見物ありて八九分の大入を占めたり。
谷ノ川淡路洋は、の出はなをハタキての勝。
御舟潟は、御舟の注文下手をは防ぎ喉輪にて押切りの勝はよく働きたり。
境嶽岩戸川の泉川にて寄るをは土俵の詰めにて蹴返しの勝。
鶴ヶ濱玉風は、の右差し左筈にて無二無三に押寄するを耐えつつ土俵の際にて寄返し、上手投げにての勝は大手柄。
若島笹島は、の諸差を閂に絞りて撓め出さんとすれば、は全身に力をこめ絞られながら体を任せて遂に押切りの勝は注文通り。
唐辛岩木野は立上り右の相四ツにて挑みしが、の腰投げもは残して押切らんと寄るを、も残して上手詰か取り引寄せ釣らんとするより、は体を任せて外掛けに行くをは引き外してまた左四ツになり、双方気合を謀りて挑む勢なきより水となり、のち取り疲れて引分は大相撲なりし。
天ツ風松ヶ関は、天ツは左差に右筈に行くをは左を巻き右は下より攻め上げしより天ツは下手を首に巻きて捻り倒さんと寄りつつ遂に土俵際にて極りしが、同体に流れしと物言い付きて預りとなり、星は五分五分。
荒岩當り矢は、の左差しを撓めて押切らんとアセルもは必死に防ぐより右四ツの左前袋を取りて引落さんとするを、は身を軽くして防ぎたれど、またもの撓めにて体は浮きて遂に土俵外へ持出さる。
不知火源氏山は、の右差しにて苦なく押切らる。
大砲大纒は、左四ツの右差しにて下手に組入り隙を窺えば、は右を差して寄るをは寄られながら外無双にての体は危うくなりしが、体の重量に寄り返されての負は惜しむべし。
狭布里朝汐は、は一押しに押来る勢いに狭布の腰砕けては上より押潰さんとする時、狭布は耐えて肩無双を切りて見事の体は左に落ちたり。
大戸平外ノ海は、大戸の泉川にては危うく残りて左差となり、大戸は二本差しにて寄り倒し大戸の勝。
鳳凰増田川は、立上りの突手にの体はケシ飛んだり。

○小錦織の贈り物
・備前田の口港、西原合名会社は力士小錦を贔屓にするより、その製造する帯地に「小錦織」と命名せしほどなるが、今度横綱一周年を祝して団扇一万本を小錦へ贈与せり。

二日目です。前場所1勝7敗と大敗した楯甲は若嶋と改名しています。のちの大阪横綱となる力士ですがこの時まだ21歳、若さのためか思うように勝てません。入幕2場所目の荒岩、小結復帰の大炮、復活を目指す大戸平、大関鳳凰と西方注目の4人衆は快調に連勝です。小錦も勝ち。速攻が身上の小錦は人気もかなりのものだったといいますが、その人気の象徴として現在でも語られる「小錦織」は備前の産でしょうか。田の口港のある児島は現在でも繊維の街として知られています。
児島田の口(一路一会)
明治30年夏場所星取表
posted by gans at 21:54| Comment(0) | 大相撲

2009年06月14日

明治30年夏場所初日 (東京朝日新聞/明治30.5.15)


○回向院大相撲
・昨十四日(初日)は、例の通り貴顕紳士の来場ありて初日ながら相応の人りありたり。
司天龍鳴門龍は、司天の諸差しを鳴門は上手にて相手の首を巻き捻らんとして、司天は逃げたれども廻込んで返られしため司天の体潰れて負。
雷ノ音鉞りは、互いに突合いの組み入らんとするをは突くと見せて素早く右足を取ての勝は面白し。
千代川松ノ風は、千代の出鼻をは透かして双手にハタキ出したり。
八剣稲瀬川は五分五分の角觝なるが、のアセリて来るをが隙さず突いての勝はあっけなし。
隈川改め金山勝平は、の右差しにて掬わんとせしを、は得意の右内枠にて見事の勝。
玉風若島は、の突きにの体崩れ二度目の突きに泳いで溜りへ落ら、相手がかえって気の毒そうなりし。
熊ヶ嶽唐辛は、の注文中は矢筈にて押切りたり。
越ヶ嶽鬼ヶ谷は、が立ちおくれながら突掛りて土俵際まで押寄せし時、は踏み堪えて投げを打らしも体すべりての勝。
當り矢小天龍は、當りの突きに小天の負け。
逆鉾横車は、の諸差しにて釣り行くをは左差しにて押切りたり。
大纒谷ノ音は、の右差を例の内掛にてもたれ込み同体に落ちたり、しかるにの体やや少し早かりしとて団扇はに上がりしが、海山の物言い出て丸預りとなる。
若湊狭布里は、立上るやの右手を夕グりて体をかわし尻にて押出さんとすると、はここぞと耐え左足を渡し込みて送り出さんと力を込めたる時、狭布の腰砕けての勝、この双方の取り口はいまだ名もなく木村庄之助も知らぬと云う。
黒岩海山は、の左四ツにて寄るをは体を引くと同時に投げを打らしが、はそのまま寄り行きは懐狭くして打つ事も出来ずためらう所をに寄り切られて負け、この時満場大喝采。
小錦小松山は、が例の突きに小松は体もけし飛ぶばかりなりしが、小松は浮きながらの左を取りてタグリしよりは自体の力にて脆くも倒れて小松の勝、小錦は一月場所に荒岩に負けしよりも脆かりし。
・(中入後)岩戸川鶴ヶ濱は、が左筈にて押し切り岩戸の勝。
笹島境嶽は、の老練なるの筈にて寄るを苦もなく透かしての勝。
雷山鬼鹿毛は、の左四ツにて攻めるをは喉輪にて押切らんとし、はこれをほどきてまた寄るをは上手にて首を巻き得意の捻りにて勝たり。

○回向院大相撲の事
・西方の幕内力士と角觝協会との間に確執を起して互いに一寸も後へ退かず、一昨日曇天を口実にして入掛にせしも、実はこの紛擾のためなりしとは既に昨日の二回にも記載したるが、なお昨日も一向太鼓を廻す様子なく、この分にては何時和解すべしとも見えざれば、茶屋はさらなり出方の面々も一同青くなりて憂いに沈み居りしところ、室田本所警察署長および飯島同区長はかくては区内の安寧等に関していささか懸念なきにあらず、また双方にとりても大不利益の事なりと心配の余り昨夜八時三十分一個人の資格をもって本所署へ角觝協会の役員を召喚し、ねもごろに説諭するところありしより、総代八角灘右衛門はなお一同に協議を仕り何分の御返答を申すべしとて引きとりしが、やがて力士等に損害金を支払わしめんとかたくとって動かざりし前説を取消し、ここにようやく和解する事になりたれば、今十三日晴天なれば太鼓をまわし明十四日より花々しく興行すとなり。(5.13)

中村楼事件以来、力士側と協会側の溝は依然として残っているようで、このような小さなストライキは珍しくなくなってきます。とにかく早い段階で和解して本場所開催が出来て良かったです。大戸平は先場所5勝3敗と勝ち越しましたが関脇へ降格。少し前には大碇も負け越していないのに大関陥落しており、1〜2点の勝ち越し程度では大関として不十分な成績であると判断されたのでしょう。初日、新入幕の黒岩はいきなり海山を破り殊勲。速い攻めが光りました。若湊と狭布里は決まり手不明の珍勝負、後ろもたれに失敗して倒れてしまったようです(;・ω・)若湊は約5年半ぶりの三役返り咲きで張り切っていることでしょう。小錦は小松山に手繰られて黒星、横綱3場所目ですが初日は3連敗となってしまいました。小錦は気が小さかったと言われていますが、初日は硬くなっていたのかも知れません。
明治30年夏場所星取表
posted by gans at 23:13| Comment(0) | 大相撲

2009年06月09日

明治30年春場所千秋楽 (東京朝日新聞/明治30.2.19)


○回向院大相撲
・一昨日(十日目)は強風及び千秋楽のため観客少なかりしが、好角家は例によって多かりし。
宮ノ浦祇園山は、突き合いしのちハタキ込んでの勝。
栄嶽北國は、右相四ツにて釣り合いもたれ掛ての勝。
松ノ風雷ノ音は当日の好取組にて、の飛び付きをは左差しにて受け、は右四ツより左四ツとなりが下手投を打てばは襷に反りを打つも極まらず、また相四ツとなり遂にが釣ってもたれ込みたり。
鶴ヶ濱鉞りは、の右差しをが泉川にて持出したり。
岩戸川淡路洋は、突合てのち淡路が左筈にて押すを岩戸は撓めつつ上手投を打ち、次いで矢筈に仕替えて迫るを、は引き外して飛び廻り自ら土俵外へ足を踏出しぬ。
御舟潟雷山は、御舟の左筈にて暫し競り合いが引落すか捻るかせんと窺うも御舟は逃げ構えにてこれを防ぎながら足を取らんと狙ううち、は落すと見せて突出したり。
・中入後、高見山は、の左差しは苦もなく泉川にて撓め出しの勝。
勝平八剣は、が左差しにての右を防ぎしが遂には左差しの内掛にて倒し団扇はに上りしが、同体に流れしと物言い付き預りとなる。
・(是より三役)笹島黒岩は、右相四ツにての左筈をが巻投げの打合いよりは首投を打ちしも極まらず、遂にが下手投にて勝を占めたり。
稲瀬川熊ヶ嶽は、直ぐに突合いの大相撲となり稲瀬の左筈をは右巻きの左筈にて挑みしが、稲瀬の振り出しにての負となりぬ。
梅ノ谷岩木野は、好相撲にての左筈をは右にて寄倒しの勝にて目出たく千秋楽。

千秋楽、十両の有望力士が次々と登場しますが高見山が幕下ホープの甲(かぶと)を下して8勝目、十両では最優秀の成績です。ここまで土付かずで来ていた黒岩(くろいわ)は投げ負けて初黒星。しかし新入幕有力となる好成績です。十両の業師・勝平は今場所好調で5点の勝ち越し。前半苦しんだ梅ノ谷は7勝目で怪童の面目を施しました。新入幕で大活躍した荒岩らと共に新時代を築いていく幕開けとなる場所でした。
明治30年春場所星取表
新聞掲載の十両星取表
posted by gans at 23:03| Comment(0) | 大相撲

2009年06月03日

明治30年春場所9日目 (東京朝日新聞/明治30.2.18)


○回向院大相撲
・昨十七日(九日目)は、朝来風烈しきをも厭わず府下理髪業者の総見物を始め例の如く数多の縉紳の見物ありて相変わらずの大入を占めたり。
雷ノ音淡路洋は、双方軽はずみの力士とて互いに烈しく突合いつつは左差しを行き淡路は右差しにて競合いしが、淡路は廻り込む途端に腰砕けての勝。
大戸川鶴ヶ濱は、大戸が張の一手にて一本背負に行くをがもたれ掛りたれば大戸は腰砕けて勝は見事にが占めたり。
御舟潟鳴瀬川は、御舟は得意右差しにての仕掛け来る出鼻を引落とせしも御舟の勝は横着なり。
高見山谷ノ川は、の二本差しにて寄せ来る勢いを高見は土俵際にて喰い止め、うっちやりにて高見の勝あっけなし。
岩木野笹島は、のニ本差しにはは左筈の右四ツにて挑みしが、の押す出鼻に如何しけんの腰の浮きしを、は浴びせ掛りての勝は僥倖。
勝平唐辛は、片や手取りのは堅くなり塩舐め数遍にして立上り、の左差しを筈にて受けながら左は互いに殺し合いしが、は急に二本差しに仕替えて釣るをは素早くも内掛にて反りを打ちたればは抱えたまま倒れて仕舞いぬ。
熊ヶ嶽小天龍は、双方突合いてのち小天の寄りには堪えかね土俵の際まで押詰められ、二突半にては土俵の外へ。
大纒京ノ里は、の右差しを泉川に撓め出さんとせしもの体の動かざるより、撓めながら体を斜にしての左足を内掛にて倒せしに、流石のも両責めに合いて堪えかね遂に倒れぬ、のこの働きは今度の相撲に初めてなり。
横車大蛇潟は、は珍しくも立上るより早く左差しに行くを、は巻きてまきしがの力に押寄せられ、詰にて上手投にせられの勝。
逆鉾荒岩は当日第一等の呼び物にて、土俵へ上るや否や見物一同に両力士の名を叫びしかば両力士も念入に仕切りて立上りしが、は充分に左を差し右にての左筈を殺して仕掛けんとするを、は左筈にて押切らんとヂリヂリ寄るをは二本差しに抜き替えしかば、は右手を巻きしがの体ようよう寄るを見て巻き手を伸ばし上手三ツを取るや大相撲となり(この時満場大喝采)は下手に組み入りしがは踏ん張て呼吸を窺い、上手を引き廻し込んで捻りにの体はどうと音して地に落ち、の勝は場中割るるばかりの大喝采にて暫くは鳴りも鎮まらざりし。
当リ矢谷ノ音は、当りは右筈は左筈にて競り合いしが、やがてはハタキ込んで勝ちたり。
朝汐海山はいづれも元気角力にて、は素早く二本を差したるがは左差しにて右手は巻きし如くに押切ての勝は案外あっけなき角力なり、のこの手はナタと云う珍らしき手なりと。
小錦大戸平は、の左差し右筈を大戸も左差しにて右手を殺し防ぎつつ寄り返したるも、は二本差しにて抜き替え櫓にて見事にの勝はこれ迄の不名誉を回復したり、この取組の行司式守伊之助は本日より紫房を許されたる初舞なりし。
・中入後、松ノ風岩戸川の右差しを岩戸は殺し合いて防ぎ居りしが、は二本差しに仕替え釣り出しての勝は得意の手なり。
雷山鉞りは、鉞りの突掛けを突張ての勝は前場所に比せば大いに進みたり。
梅ノ谷楯甲は、突張り合て手四ツとなりしもの突きにの体崩れ押し切ての勝。

幕内力士にとっての千秋楽となる九日目。理髪業者の団体さんも来場です。荒岩は難敵の逆鉾と大熱戦の末に勝って7勝目、新入幕で幕内最優秀の好成績を挙げました。同じ6.5勝で並んでいた海山は朝汐の力相撲に完敗して最優秀成績のチャンスを逃します。全敗を続けていた狭布里(京ノ里)は1勝目。欄外のため記事が読めませんが新大関鳳凰は6勝目で上々の成績を収めました。
明治30年春場所星取表
西前頭3・大蛇潟大五郎
posted by gans at 11:08| Comment(0) | 大相撲